痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す

ウーマン

炭酸ガスレーザーの魅力

鏡を見る女の人

ほくろ除去治療で最もおすすめなのが、炭酸ガスレーザーによる治療方法です。1回の施術で終わること、傷跡が残りにくいこと、体全身のほくろに適用できることが炭酸ガスレーザーのメリットです。悪性のほくろには適用できないため、まずはクリニックに相談するようにしましょう。

詳しく見る

安全にほくろをとるには

整形治療

様々なほくろ除去の方法によりそれぞれ自分の要望やタイプに合った治療が可能です。自分で治療する方法も巷にはありますがほくろの特性上、ほくろ除去を考えている場合は専門家の診察を受けて治療することが最も安全で確実な方法といえます。

詳しく見る

ほくろは安全に取れます

2人の女医

ほくろ除去の方法にはレーザー治療や切除方法などがあります。ほくろの大きさや色、種類によってほくろ除去の治療方法は変わってきます。小さなほくろはレーザー治療で取り除く方法が一般的です。ほくろに局部麻酔を注射しレーザーをあてほくろを削りとるという方法です。比較的大きなほくろの場合はレーザー治療で削り取るよりも、切除法で取っていきます。その場合も局部に麻酔を注射し、メスで切開してほくろを切除します。どちらも場合も麻酔を使用し、痛みは患部に麻酔をかける時に、チクッと痛むくらいです。レーザーでほくろ除去する場合の時間が数十秒、切除法でほくろ除去する場合は30分くらいの時間です。レーザー治療をしている間、痛みを感じることはほとんどありません。当日シャワーの使用も可能です。切除方でほくろを除去した場合も当日も腫れはほとんどなくシャワーも可能です。治療後は局部に軟膏と塗ってガーゼ付きのテープを貼ります。テープは肌色なので、ほとんど目立ちません。メイクもできますが、テープの上からファンデーションを塗るようにします。ほくろ除去をした患部の治り具合の確認の為、1週間位のちに通院し、診察してもらいます。切除法も場合は抜糸をして終了となります。

ほくろ除去の施術後に貼ってもらったテープは必ず貼り、次回の検診までははずさないように注意します。また、ほくろ除去の治療のあとは、削った部分が傷が埋まったあとも、日焼けしないように注意が必要です。施術後の皮膚は、薄くなっているので日焼けしやすく、色素沈着を起こします。日焼けするとシミができる恐れがあります。必ず、病院でもらった軟膏をこまめに優しく塗り、テープを貼って紫外線対策をしっかりとします。保湿対策も必要です。部屋のいる時も遮光カーテンに変えるなりして、日光には注意します。切除方法の施術の場合でも赤みは2、3か月くらいで収まります。半年くらいで除去した部分の赤みは、ほとんどわからないように消えていきます。その為にも術後のケアには十分気をつけるようにします。外出する際は、日焼け止めクリームを塗り、色が気になったら、コンシーラーやファンデーションを塗って出かけるようにします。術後半年くらい経過して、皮膚ができてきたとしてもまだ皮膚は薄いので、充分気をつけて生活します。かさぶたができても自分で剥がしたりすることがないようにします。それくらい、ほくろ除去の治療のあとはアフターケアーが大切になります。

レーザー治療の特徴

カウンセリング

レーザーを照射すれば、ほくろやしみなどを蒸散して消すことができます。レーザーは真皮の深い部分まで届くので、根深いほくろも一度の治療でなくせます。ただし、一度ほくろ除去をしてもしっかり取っていないと再発する場合もあります。

詳しく見る

顔のほくろを消すために

頬を触るレディー

美容外科でのほくろ除去では、広がったほくろや膨らんだほくろも除去できます。除去後はメイクで隠す必要がなくなりますし、ムダ毛処理も手軽になります。ほくろ除去は、ほくろごと皮膚を切除するという方法や、レーザーで焦がすという方法でおこなわれます。膨らんでいる場合には、レーザーで削ることで除去されます。

詳しく見る

Copyright© 2016 痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す All Rights Reserved.