痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す

婦人

安全にほくろをとるには

整形治療

ほくろが顔などにあると気になる方々も多くいます。ほくろは皮膚にメラノサイトと呼ばれる細胞の集合体が発生することでできます。一般的に知られているものとしては黒いものですが、ほくろのできる位置や発生条件などによって茶色く見えるものから赤っぽく見えるものまで様々です。形も平らなものから盛り上がっているものまで様々です。気になってしまって自己流でほくろを取ろうとする方もいますが、ほくろには悪性のメラノーマと呼ばれるものもあるので注意が必要です。ほくろによっては自己流の処理で刺激を与えてしまうと増えたり大きくなってしまう場合もあり、悪性腫瘍のメラノーマである場合は皮膚がんの一種であるため、転移などもかんがえられるので刺激を与えることは危険なので絶対にやめましょう。特に形がいびつなものや境目が曖昧なもの、出血がある場合など異常が見られる場合はメラノーマの可能性もあるのですぐに専門医での受診を受けて良性がどうかの診断をうけることが大切です。このように、ほくろは素人では良性か悪性かの見極めが難しく、自己流で悪化させてしまうことも考えられるため、ほくろ除去を考えている方は医師による適切な診療と治療が安心で効果的です。

一概にほくろ除去の治療をうけるといっても様々な種類の除去法があります。おおまかに分けるとほくろ除去の方法は切除による治療とレーザーによる治療が一般的です。切除による治療には、くりぬき法、切除縫合法があります。くりぬき法では6mm以下の小さなほくろを皮膚の深いところまでくりぬく方法です。皮膚の深い場所まで切除するためほくろ化した皮膚の根も取り除くことができ、再発の心配はありません。根の深いほくろの場合は、このくりぬき法を選択すると安心です。切除縫合法ではほくろの組織ごと切除し縫い合わせるため、最も簡単な治療になります。気軽に手術を受けられるのがメリットです。その他にレーザー治療でのほくろ除去にはQスイッチレーザーによるものと炭酸ガスレーザーによるものがあります。Qスイッチレーザーは皮膚の真皮にまで届くレーザーで皮膚の黒い色素にのみ反応するので他の治療に比べて皮膚への負担が少なく、回復までの期間が比較的短い施術といえます。黒く目立つほくろでよく利用されるレーザー治療です。炭酸ガスレーザーはレーザーそのもののパワーでほくろを散らして除去するため、くりぬき法と似た効果があります。根が深くないほくろに効果的といえるでしょう。

Copyright© 2016 痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す All Rights Reserved.