痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す

婦人

顔のほくろを消すために

頬を触るレディー

顔の魅力がアップ

ほくろとは、メラニン色素が局部的に多く作られることでできる斑紋のことです。生まれつきできていることもあれば、成長過程でできることもあります。いずれの場合も、メラニン色素が追加で作られることで、大きくなります。単に広がるだけでなく、膨らみながら大きくなることもあります。そのためほくろが顔にできていると、年をとるにつれて目立ちやすくなります。特に膨らんでいる場合には、メイクで隠すことが困難なので、コンプレックスとなるほど悩んでいる人も多くいます。そういった人から人気があるのが、美容外科でのほくろ除去です。ほくろ除去を受ければ、小さなほくろはもちろんですが、大きく広がったほくろも膨らんでいるほくろも、顔からはきれいになくなります。ほくろ除去により、肌は白くなりますし、局部的な膨らみもないなめらかな状態になります。隠す必要がなくなるので、毎日のメイクにかける手間隙が少なくなりますし、厚塗りをせずに済むことで肌荒れも起こりにくくなります。またほくろがあると、その部分ではムダ毛処理が難しいのですが、ほくろ除去により、その問題も解消されます。ムダ毛処理をスムーズにおこなえるようになるので、それによって顔の魅力は一層アップすることになります。

切除またはレーザー

美容外科でのほくろ除去は、切除またはレーザーによっておこなわれます。具体的には、まずは切除は、ほくろの周辺に紡錘形になるよう2本の切れ込みを入れて、ほくろごと皮膚を剥がすという方法となっています。そして剥がした後で、その2本の切れ込みをピッタリと合わせて縫うのです。これによりほくろは完全になくなりますし、傷跡も1本の細い線となるので目立ちません。しかもその傷跡は、年月の経過とともに徐々に薄くなっていきます。次にレーザーによるほくろ除去ですが、これはほくろを熱で焦がすという方法でおこなわれています。ほくろは肌細胞の一種ですが、焦げることで細胞としての生命力を失います。すると体はそれを不要な存在とみなし、排除しようとします。つまりレーザーで焦がせば、ほくろは体によって自然に除去されるようになるということです。ただし大きく膨らんだほくろの場合、一度のレーザー照射では除去できないこともあります。そのような場合には、焦がすタイプのレーザーではなく、削るタイプのレーザーが使われます。腫瘍なども削り取ることのできるレーザーで、これにより肌は平らな状態になります。平らになった後にも、黒い色が残っていれば、それは焦がすタイプのレーザーで除去されます。

Copyright© 2016 痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す All Rights Reserved.