痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す

婦人

炭酸ガスレーザーの魅力

鏡を見る女の人

1回の施術で終わる

ほくろが気になる方は、クリニックでほくろ除去治療を受けてみるといいでしょう。クリニックでの治療は短期間で終わるほか、再発の可能性が非常に低い特徴があります。また、傷跡もほとんど残らないため、見た目が損なわれる恐れがありません。特に炭酸ガスレーザーは、傷跡が残らないため顔のほくろ除去に非常に適した治療方法です。炭酸ガスレーザーによる治療は、ほくろの細胞を全てくり抜きます。メラニン色素を含む全ての細胞が蒸発するため、再発する恐れがほとんどありません。また、1ヶ月ほどで傷跡が分からないほどになるほか、施術後すぐに化粧をすることが可能です。その他、隆起したほくろを除去できるのも、炭酸ガスレーザーの魅力です。炭酸ガスレーザーによるほくろ除去には3つのメリットと1つの注意点があるため、きちんと把握しておきましょう。炭酸ガスレーザのメリットとしては、1度の施術でほくろ除去が終わることが挙げられます。他のレーザー治療では、複数回の施術が必要になるものもあります。わずか1回の施術で終わるため、治療費と治療期間を抑えられることは非常に嬉しい点です。忙しい方や治療費を抑えたい方に非常に適しているのが、炭酸ガスレーザーなのです。

傷跡が残りにくい

炭酸ガスレーザーのもう一つのメリットが、傷跡が残りにくいことです。ほくろ除去方法には、メスで切り取り縫合する切開縫合法もあります。しかし、切開縫合法は傷が治りにくい方は、傷跡が残りやすいデメリットがあります。また、小鼻にあるほくろを切開縫合法で除去すると、小鼻が変形してしまう恐れがあります。一方、炭酸ガスレーザーは、1〜2週間で傷が完全に塞がり始めます。1ヶ月もすると傷跡がまったく目立たなくなるため、顔のほくろ除去に非常に適しています。最後のメリットが、顔以外の部分のほくろも除去できることです。炭酸ガスレーザーは体全身に使用できるため、どの部分のほくろでも除去することが可能です。炭酸ガスレーザーには1つだけ注意点があります。それは、悪性のほくろには使用できないことです。炭酸ガスレーザーによる治療を受ける前には、必ず良性か悪性かの診察が必要になってきます。また、局所麻酔が必要なため、人によっては麻酔がデメリットになる場合もあります。信頼できるクリニックを選ぶことで、デメリットを気にすることなく安心して治療を受けることが可能です。まずはクリニックに相談し、カウンセリングを受けてみましょう。

Copyright© 2016 痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す All Rights Reserved.