痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す

婦人

レーザー治療の特徴

カウンセリング

除去する時の注意点

美容整形ではほくろをレーザー治療で除去できます。ほくろ除去をするにあたっては、治療の流れや治療後の注意点をよく確認しておくことが大切です。レーザー治療をする前は、痛みが出ないように患部に麻酔クリームを塗ったり、麻酔テープを貼ったりします。麻酔をする場合は、麻酔代が別に請求されることがあります。治療は麻酔がしっかり効いてから行います。3ミリ程度のほくろやいぼなら5分もしないで終わります。治療をした直後は出血がありますが、看護婦さんが止血をしてテープで保護してくれます。ほくろ除去のレーザー治療はたいていの場合1回で終了します。ただし、大きめのほくろの場合や、真皮の深い部分から発生しているほくろの場合は、複数回に分けて取ったほうがきれいに仕上がります。一回で取るか複数回に分けて取るかは、事前カウンセリングで医師とよく話し合って決めます。ほくろ除去をしても、細胞の根っこから綺麗にとっていないと何年か後に再発するケースもあります。再発を防ぐには、しっかりほくろの細胞を除去しておくことです。医師によってはしっかり取ってくれない場合もあるので、治療をしたあとも定期健診をしてくれるクリニックを選ぶと安心です。

人気のレーザー治療

ほくろ除去をはじめとして、シミ、そばかす、肝斑、刺青などの除去に使われているのがレーザー治療器です。レーザー治療器は、ピンポイントでターゲットのほくろやシミを蒸散させることができます。メスとは違って皮膚を切開しないで治療できるというメリットがあります。皮膚を切らないので出血、痛み、腫れ、内出血などのリスクが軽減できます。炭酸ガスレーザーは、ほくろ除去やシミ除去で使われている、美容外科では定番のレーザーです。炭酸ガスレーザーは波長の長いレーザー光線が出るので、真皮の深いところに存在するほくろの細胞も一回で蒸散できます。炭酸ガスレーザーは繊細に作業ができるレーザーなので、深い部分の除去であっても傷跡を残さず、綺麗に取れるのが特徴です。ほくろやシミをレーザー治療で消したあとは赤みが残りますが、すぐにメイクができるのでファンデーションでカバーできます。赤みが消えて周りと同じきれいな肌色になるまで4か月〜6か月程度かかります。その間に赤い部分を紫外線にあててしまうと、メラニンが生成されてシミが余計濃くなることがあります。そのため、しばらくは紫外線にあてないようにUV対策をしっかりすることが大切です。

Copyright© 2016 痛くないほくろ除去方法とは|美容皮膚科の最新医療で美しさ取り戻す All Rights Reserved.